バブル崩壊以降、価格競争の激化や消費の冷え込みなど、商売がやりにくい環境になっている。そんな中で地域経済を活性化させるには、企業数・従業員数で圧倒的に高い比率を占める中小企業を元気にすることが不可欠。そういった背景から「ベンチャー企業」へのエールは年々高まっており、国や県をあげてさまざまな支援がすすめられている。
  ところで「ベンチャー企業」に定義はあるのだろうか。たとえば資本金いくらとか、従業員何人、といったような。大分県でベンチャー創出のための支援事業を行っている財団法人 大分県産業創造機構の神(こう)昭雄さん(地域産業育成課長兼産学官連携推進室長)によると、「ベンチャー企業の明確な定義はない」とのこと。それだけにその企業が「ベンチャー」かどうか、人によってとらえ方は違うわけだが、「一つは独自の技術やノウハウを使って新しい商品やサービスを提供する企業、もう一つは経営者すなわちリーダーが新しいことをやろうという高い志を持って、リーダーシップが発揮できること。要はこの2点でしょうね」と神さんはいう。新規創業の場合もあるし、既存の企業が新分野へ進出する場合もある。
  大分県においても地域経済浮揚のため、ベンチャー企業に資金面のバックアップをする各種ベンチャー創出支援事業が行われている。とりわけ中小企業には手が出にくい研究開発費については、産学官の連携により、地域の大学等の研究成果を活用して企業が新しい事業を興すという形が全国的に進められ、企業からテーマを募集して研究開発費を支援する制度もある。神さんによると、申請を行う企業は年々増えているとのこと。長引く不況の中で、どこかに突破口を見つけたいという思い、ベンチャーへの期待は高まっているといえるだろう。
  最後にベンチャー企業の成功への秘訣について尋ねてみた。「一番大事なのは”経営者“だと思いますね。資金面、技術的問題、人材などいろいろありますが、いかに経営者の考え方や経営方針がしっかりしているか。究極は“人”に尽きる」と神さん。今回取材した3社においても、それぞれの経営者たちの常に前向きな姿には心動かされるものがあった。がんばれ、大分のベンチャービジネス。

■大分県ビジネスグランプリ GETS諭吉
平成15年度からスタートした事業で、県内外の中小企業から申請されたビジネスプランについて、新規性・将来性・成長性などを「ベンチャー目利き委員会」が評価・申請し、優秀なプラン上位3社に助成金総額3000万円(1件当たり300万円以上2000万円以下)を交付する。初年度は県内から39件、県外から17件、計56件の応募があった。今年度も実施予定。 
問/(財)大分県産業創造機構 ・097-533-0220

■ベンチャー企業への投資制度
ベンチャー企業が株式や社債により資金調達できるよう、投資を促進する制度。大分のベンチャー企業に投資を行う「大分VCプラムファンド 投資事業有限責任組合」に、(財)大分県産業創造機構が大分県の資金を活用して出資し、県内金融機関などからの出資金と合わせて、ベンチャー企業に投資(株式取得・社債引受)を行う。16年度末に県も出資して新たなファンドを創設予定。 
問/大分ベンチャーキャピタル(株) ・097-536-7525
または (財)大分県産業創造機構 ・097-533-0220

■ものづくりインキュベータ推進事業
ベンチャー企業の創業を支援するとともに、産業科学技術センターと中小企業との共同研究により県内中小企業の技術シーズの事業化を促進するのがねらい。産業科学技術センター内にインキュベート施設を5室整備し、貸与するととともに、入居企業に対して経営・技術等の支援を行う。入居期間は最長3年間。 問/大分県工業振興課 ・097-536-1111(内線3267)

■大学発ベンチャー創出支援事業
大学生等からビジネスプランを募集し、優秀なプランを顕彰するとともに、優秀者を対象としたベンチャー企業での経営体験を実施することにより、ベンチャー機運の高揚と起業家人材のすそ野の拡大を図る。賞金は1位:20万円、2位:10万円、3位:5万円。募集対象者は県内の大学(大学院を含む)、高等専門学校(4年生以上)、短期大学、専門学校等に在学中の学生。募集は7月中旬からの予定。
問/大分県工業振興課 ・097-536-1111(内線3266)

※インキュベータ    直訳するとふ化器だが、ベンチャー企業のビジネスを軌道に乗せるまでの施設・支援者を指す。



←戻る | 次のページへ→
目次 特集/人が輝く 暮らしが輝く ベンチャービジネス
対談/御手洗冨士夫キヤノン株式会社社長
おおいた文学紀行/津村 信夫・鄙の歌
先人の軌跡 /南 一郎平 −宇佐市−
大分県立芸術会館ギャラリー

- 1 - 2 - 3 - 4 - 5 -
- 1 -
- 1 - 
- 1 -
- 1 -

VientoのTOPへ