Vientoのトップへ大分県庁のホームページへ
特集
おおいた文学紀行先人の軌跡おおいたの色彩
特集6ページ 特集5ページ 特集4ページ 特集3ページ 特集2ページ 特集1ページ
 太陽の力でつくる「天日塩」と鉄釜と薪で炊く「釜炊塩」 それぞれのこだわり


  『なずなの塩』会長の那波さんが塩場へ案内してくれた。海辺にそびえているのは流下式塩田の方式で海水を濃縮させる循環タワー。ここで太陽と風の力を借りてかん水(濃い塩水)をつくり、醤油樽だった杉樽に貯蔵。天日または釜炊きでさらに濃縮し、2種類の塩をつくる。「海は地球の命のスープ。そのエキスをいただくのが塩なんです」
  天日ハウスでは天日皿にかん水を満たし、太陽熱で水分を蒸発させる。夏は約1ヶ月、冬は4ヶ月もかかるという「天日塩」づくり。自然結晶した塩の山が太陽の光にきらきらと輝いていた。
  鉄釜が2基設置された釜屋では「釜炊塩」づくりの真っ最中。
  かん水を薪で2日間かけてじっくり煮詰める。
  「薪は常に火力が変わるからできた塩の結晶も一定でなく、それが口にしたとき味わいになる。画一的でない”楽しい塩“ができるんです」と那波さん。 ”楽しい塩“って、何だかいいなぁ。

   
 効率や数字ではなく 先人たちが培ってきた製法で 気持ちよく塩をつくりたい


 夕方近くなって釜炊塩が煮詰まってきた。古閑さんのもとで塩づくりを学ぶ二人の若者が汗だくになって薪をくべ、釜の中をスコップでかき混ぜている。炊きあがったら杉樽に移してかき回し、にがりと一緒に一晩熟成させるとまろやかな塩ができあがる。
  「塩は自然から与えられたものだから、先人が培ってきた製法を守ってつくりたい」と古閑さん。現代人の浅い知識や効率ではなく、自然に添った塩づくりをするのが何よりのこだわりだ。
  「成分表を作って数字を出すこともしたくない。海は春夏秋冬すべて違うし、つくる人によっても塩は変わります。 大事なのは”いい気持ち“でつくること。そうすれば”気持ちのいい塩“ができて皆さんから喜ばれるのでは」
  釜炊きなどの作業は地元の男性が漁の合間に加勢し、最終的な塩の選別や袋詰めは婦人部を中心に行う。地域総出でつくる”楽しく気持ちのいい塩“。目に見えない”気“を大切にするのが、なずな流だ。天日塩と釜炊塩、口に含むとそれぞれ力強さやまろやかさがあり、後口に甘みを感じる塩だ。

釜炊塩の作業の写真釜炊きの作業を教わるのは、なずな農園で循環農法を学んだ竹田市出身の今泉康平さんと三重県出身の中田知孝さん
釜屋の写真
木造りの釜屋には
鉄釜が置かれ、燃料は薪。建物も道具も
できるだけ自然の素
材を使うのがこだわり
塩をかき混ぜる写真
釜で炊きあげたら杉樽に移し、いい塩になるよう念じつつ"陰"の方向にかき混ぜると甘くなるそうだ

塩をろ過している写真
天日ハウスではまず下段の天日皿で水分を蒸発させ、結晶してきた硫酸カルシウムをろ過して上段の皿に移す
結晶化する塩の写真 長い長い時間をかけて、太陽熱の力だけで自然に結晶ができるのを待つ
天日ハウス内部の写真
三段の棚にヒノキ造りの天日皿が並ぶ天日ハウス。透明シート貼りなので夏は35℃まで上がるという
循環タワーの写真
満潮時のきれいな水だけを汲んで循環タワーに流し、塩分濃度3.4%から12%以上に濃縮
杉の醤油樽の写真
「木に寝かせた方が塩も気持ちがいいだろう」と、約90年を経た杉の醤油樽に濃縮した海水を貯蔵

販売用の「なずなの塩」の写真
塩やにがりは「なずな会」会員に販売する他、なずなの店、間越の製塩場、道楽と県内数店のみで扱う
沖黒島の写真
間越海岸の目の前に浮かぶ沖黒島
『道楽』の正面写真、店内写真
『道楽』は「自らの道を求め、人生を楽しむ人々の交流の場に」との想いを込めたゆとりの空間
   
 なずなの塩を使った豆腐と味噌づくりもスタート

 今年6月、大分市坂ノ市になずなの塩とにがりを使った自家製豆腐や味噌などを販売する『道楽』がオープンした。「すべてもらいもの」という木をふんだんに使った店は、窓の向こうに田んぼが広がり、テーブル席もあってのんびりできる。今年からは原料の大豆づくりにもなずな農園で取り組む計画という。地域に密着した「なずなの塩」の輪が、またひとつ広がっていく。

なずなの塩を使ってつくられた豆腐の写真
 

●なずなグループ
 

●株式会社なずなの塩
 


●道楽

臼杵市野津町大字落谷2181-1
  TEL:0974-32-7111(代)

製塩場/佐伯市米水津間越 
  TEL:0972-34-8155
本社/大分市高松東3-3-10

大分市木田1-1 
  TEL:097-592-7890

   

Vientoのトップへ大分県庁のホームページへ
特集
おおいた文学紀行先人の軌跡おおいたの色彩
特集6ページ 特集5ページ 特集4ページ 特集3ページ 特集2ページ 特集1ページ
←前のページVientoのトップへ次のページ→