Vientoのトップへ大分県庁のホームページへ
特集 森を守る 木を生かす 森の恵みを時代に伝える人々を訪ねて
おおいた文化紀行 もりおうがい 「長宗我部信親」先人の軌跡 酪農経営の先駆者 岩尾 伏次郎おおいたの色彩 墨色(すみいろ)

特集 森を守る 木を生かす 森の恵を時代に伝える人々を訪ねて昔、森はもっと身近にあった。1本1本の木は人に近く、生活になじみ、社会と共に生きていた。その森が、遠くなり始めたのはいつの頃からなのだろう。災害に弱くなり、植物や生物が減少し、気が付けば、森は痛み始めていた。国土の約7割が森林という美しい日本。「日本の森を守ろう!」と、人々の関心が高まる中、私たちが森林を生き返らせるためには、何を始めたらいいのだろう。森の今を生きる人、森の未来を守る人、森の素材を活かす人…まずは、そんな人々から森を知り、森を学ぶことから始めたい。森の写真

Vientoのトップへ大分県庁のホームページへ
特集 森を守る 木を生かす 森の恵みを時代に伝える人々を訪ねて
おおいた文化紀行 もりおうがい 「長宗我部信親」先人の軌跡 酪農経営の先駆者 岩尾 伏次郎おおいたの色彩 墨色(すみいろ)

←前のページVientoのトップへ次のページ→