ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 介護保険のページ(事業者・従事者向け情報) > 介護支援専門員実務研修における実習の受入について

介護支援専門員実務研修における実習の受入について

印刷用ページを表示する掲載日:2019年5月8日更新

 平成28年度から介護支援専門員実務研修の必須科目に「ケアマネジメントの基礎技術に関する実習」(以下「実習」という。)が追加され、実習受入協力事業所への登録をお願いしたところですが、登録事業所数が少ないことから、令和元年度も実習受入協力事業所を募集します。

 主任介護支援専門員を配置し、十分な指導体制と多様な利用者を有する事業所におかれましては、特別事業所加算算定の有無にかかわらず、実習受入についてご検討の上、「大分県介護支援専門員実務研修実習受入協力事業所登録申請書」(第1号様式)を提出いただきますようお願いします。

 なお、実習に係る指導は主任介護支援専門員更新研修の受講要件に該当しますので、申し添えます。

1.提出書類

大分県介護支援専門員実務研修実習受入協力事業所登録申請書  (第1号様式) [Wordファイル/20KB]

2.提出期限

令和元年5月24日(金曜日)必着

3.提出先

〒870-8501 大分市大手町3丁目1番1号
大分県福祉保健部高齢者福祉課介護保険推進班 廣田

4.提出方法

郵送のみ

5.その他

   実習内容等 [Wordファイル/17KB] 


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください