ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 1万トンフェリーの入港でにぎわう「大分港乙津泊地」
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

1万トンフェリーの入港でにぎわう「大分港乙津泊地」

印刷用ページを表示する 更新日:1972年11月1日更新

1972年11月号 広報おおいた

1万トンフェリーの入港でにぎわう「大分港乙津泊地」

説明

大分と名古屋を結ぶ1万トンフェリーの入港でにぎわう当時の乙津泊地。大分港の泊地は春日浦に加えて住吉、乙津、鶴崎とふえ、九州屈指の港として成長・発展していた。

場所

大分市

カテゴリー

道路・ダム・港

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ