ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 大野側をまたぐ犬飼大橋
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

大野側をまたぐ犬飼大橋

印刷用ページを表示する 更新日:1973年2月1日更新

1973年2月号 広報おおいた

大野側をまたぐ犬飼大橋

説明

豊かな水量を誇る大野川が町の中心部を流れているため、旧豊後大野市犬飼町は昔から交通や文化の要所として知られ、徳川時代には参勤交代や物資交流の一拠点として急速に発展した。特に明治維新前後の繁栄には目をみはるものがあり、街路の両側につながれた牛や馬のため“交通混雑”もひどく、そのため人々は牛や馬の腹の下をくぐって歩いたという。

場所

豊後大野市犬飼町

カテゴリー

街並み・風景

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ