ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 造成中の集団茶園 富貴茶業組合
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

造成中の集団茶園 富貴茶業組合

印刷用ページを表示する 更新日:1973年5月1日更新

1973年5月号 広報おおいた

造成中の集団茶園 富貴茶業組合

説明

昭和48年。国宝で有名な富貴寺の東側高台に県下最大の茶園ができた。農業構造改造事業で造成し、11戸の農家による協業経営であった。面積42ヘクタール。当時まだ新植したばかりの木は小さかったが、見渡す限りの茶園には農道が縦横に走っていた。県内には良質茶の生産に適したところが多く、県では、生産性の高い主産地形成を積極的に進め、昭和55年には優良品種を中心にした茶園を2,200ヘクタールに拡大する計画であった。

場所

豊後高田市

カテゴリー

農業

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ