ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 建築中の「県立香ヶ地少年自然の家」
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

建築中の「県立香ヶ地少年自然の家」

印刷用ページを表示する 更新日:1973年7月1日更新

1973年7月号 広報おおいた

建築中の「県立香ヶ地少年自然の家」

説明

昭和48年、豊後高田市香ヶ地町の尾崎鼻に「県立少年自然の家」が建設されていた。敷地面積は8.3ヘクタール。県内の小・中学校の児童・生徒や少年団体が利用する施設で、大自然とのふれあいの中で、野外活動や団体生活を通じ豊かな情操や社会性を養い、健康でたくましい心身を育成しようというもの。屋内施設としては200人収容できる宿泊室、屋外にはキャンプ場など、当時の本格的な内容の施設としては九州初といわれた。

場所

豊後高田市香ヶ地町

カテゴリー

施設・建物・教育・子ども

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ