ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 師田原ダム
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

師田原ダム

印刷用ページを表示する 更新日:1973年10月1日更新

1973年10月号 広報おおいた

師田原ダム

説明

師田原ダムは堤高57メートル、総貯水量360万トン、水深36.8メートル、毎秒の貯水量は1.4トン。大野川上中流域農業開発に伴う事業として、昭和44年度から建設に着手し、豊後大野市大野町全域にわたる畑地1,185ヘクタールに給水を行なうものであった。この地域は農業の生産性は低く不安定であった。この悩みを解決するため大規模な土地改良事業が行なわれた。師田原ダムもそのひとつであった。

場所

豊後大野市大野町

カテゴリー

道路・ダム・港

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ