ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 話題呼ぶ縄文時代の住居跡
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

話題呼ぶ縄文時代の住居跡

印刷用ページを表示する 更新日:1973年12月1日更新

1973年12月号 広報おおいた

話題呼ぶ縄文時代の住居跡

説明

昭和48年、久住街では、縄文中~後期(5~3,000年前)の住居跡が発見され、話題となった。住居跡が発見されたのは、町民のスポーツ参加の場となる総合グラウンドの建設予定地で、発掘調査には老人クラブや文化団体をはじめ町職員などが労働奉仕で参加した。改めて自然を見回したり、土器片をながめたり、にわか仕込みの考古学者を披露するなどして楽しむ姿が多く見られた。

場所

竹田市久住町

カテゴリー

文化・史跡

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ