ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 立体化進む中津駅
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

立体化進む中津駅

印刷用ページを表示する 更新日:1973年12月1日更新

1973年12月号 広報おおいた

立体化進む中津駅

説明

当時、中津の市街地は、日豊本線により分断され、開発が阻害されていた。また、駅構内に踏切が6ヵ所もあり、周辺を含めると11ヶ所もの道路が鉄道と平面を交差して交通の不便や危険にさらされていた。これらの問題を解決し、土地利用の効率化と都市施設の充実、南北市街地の一体化をめざして、昭和48年、中津駅の高架事業が進められていた。総工費42億円、高架総延長は約1,9キロメートルにも及び、駅舎も高架下に近代化された。

場所

中津市

カテゴリー

商工業

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ