ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 中津市貴船神社(森の宮)のイチョウ
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

中津市貴船神社(森の宮)のイチョウ

印刷用ページを表示する 更新日:1974年2月1日更新

1974年2月号 広報おおいた

中津市貴船神社(森の宮)のイチョウ

説明

当時の中津市金谷森の丁は、奥平10万石の城下町を忍ばせる静かなたたずまい。その家並みの真ん中から、天を突くように1本のイチョウの木がそびえ立っていた。土地の鎮守さま「森の宮」の境内にある樹齢250年、高さ31メートルの巨木だ。鎮守さまは、幾世代にもわたる里人の心のふるさとである。その境内に緑の木陰をつくり、美しい黄色の落ち葉をふらせてきたイチョウの木は、き然として枝を広げており、金谷一帯のシンボル的存在であった。県指定特別保護樹木。

場所

中津市

カテゴリー

動物・植物・街並み・風景

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ