ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 法華寺(ほっけじ)の椿(つばき)林-中津市大字福島小平(こべら)-
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

法華寺(ほっけじ)の椿(つばき)林-中津市大字福島小平(こべら)-

印刷用ページを表示する 更新日:1975年2月1日更新

1975年2月号 広報おおいた

法華寺(ほっけじ)の椿(つばき)林-中津市大字福島小平(こべら)-

説明

ここは中津市の中心部から東南に約4キロ、大貞公園に近い法華寺の境内である。当時、植えてから130年ぐらいは経っているといわれた60本余りの珍しい椿の林があった。寺ができた当時、垣根として植えたものであろうといわれた。県指定特別保護樹木

場所

中津市

カテゴリー

動物・植物

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ