ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 巨松が繁り、岩と波とが織りなす自然のハーモニー、長崎鼻
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

巨松が繁り、岩と波とが織りなす自然のハーモニー、長崎鼻

印刷用ページを表示する 更新日:1975年7月1日更新

1975年7月号 広報おおいた

巨松が繁り、岩と波とが織りなす自然のハーモニー、長崎鼻

説明

集会溶岩が風化、海水によって浸食された同門、洞窟が、大小さまざまな形で連なる長崎鼻は、当時、キャンプ地や海水浴場として、また四季を通じての釣り場として、多くの人々に親しまれるようになった。特に、岬に繁茂する松林はすばらしい枝ぶりの巨松が数千本と並び、岩と波が織りなす自然の巧みさを誇っていた。

場所

豊後高田市香ヶ地町

カテゴリー

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ