ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 繭検定作業員 ―県繭検定所―
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

繭検定作業員 ―県繭検定所―

印刷用ページを表示する 更新日:1975年8月1日更新

1975年8月号 広報おおいた

繭検定作業員 ―県繭検定所―

説明

大分市敷戸団地の北に大分県繭検定所があった。煮られた繭の一種独特な臭いのする中で、彼女らは黙々と繰り糸や揚げ返しの作業を続けた。当時、県内での繭生産量は約1,200トン、検定数は830件、この検定で繭の等級が確定すると、取引価格の基準が決まった。

場所

場所:大分市

カテゴリー

街並み・施設・建物・道路・ダム・港

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ