ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 改良進む県道「九重野・荻線」
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

改良進む県道「九重野・荻線」

印刷用ページを表示する 更新日:1975年10月1日更新

1975年10月号 広報おおいた

改良進む県道「九重野・荻線」

説明

南に祖母・傾の切り立った尾根を望む竹田市荻町柏原台地は、大野川上流の深い谷で竹田市と境をなしている。当時、この谷を挟んで県道九重野・荻線の改良工事が進められ、谷には高さ71メートル、長さ213.6メートルの合ヶ瀬大橋の架橋工事が行われていた。

場所

場所:竹田市荻町

カテゴリー

食・道路・ダム・港

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ