ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 縄文・弥生遺跡の宝庫
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

縄文・弥生遺跡の宝庫

印刷用ページを表示する 更新日:1975年10月1日更新

1975年10月号 広報おおいた

縄文・弥生遺跡の宝庫

説明

“そもそも御世の始まりとは、いっぱー、まず二つの竜が天降り、何らか口より湯をいだし・・・”という神歌(宣詞)で始まる荻神社の「ゆたて」は、毎年4月26日の例祭で行われ、近郊の市町村からも見物に訪れる人が多く、昭和38年に、県の重要無形文化財に指定された。

場所

場所:竹田市荻町

カテゴリー

食・文化・史跡

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ