ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 蒲江港の消波堤
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

蒲江港の消波堤

印刷用ページを表示する 更新日:1976年1月1日更新

1976年1月号 広報おおいた

蒲江港の消波堤

説明

外界に面している漁場では波が高く、台風時には4メートルを越す波が立つ。この高波を1メートル以下に抑え、蒲江港内を大規模な浅海養殖漁場に造成しようと、消波堤の建設が進められた。昭和49年から工事が進められ、長さ720メートル、海抜2.2メートル(干潮時)の消波堤が完成し、蒲江港をかばうようになった。当時は、その内側120ヘクタールの漁場に約200台のいけすを設置して、はまちやタイなど約120万匹が養殖された。

場所

場所:佐伯市蒲江

カテゴリー

食・漁業

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ