ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 古木に大自然のいのちを感じる「ブナの原生林」
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

古木に大自然のいのちを感じる「ブナの原生林」

印刷用ページを表示する 更新日:1976年5月1日更新

1976年5月号 広報おおいた

古木に大自然のいのちを感じる「ブナの原生林」

説明

町の北西部に広がる山地は広大な国有林で、かつては一面、太古以来の原始林であった。昭和51年には、ほとんどスギの植栽林となったが一部は残された。中摩地区殿畑山頂付近の“ブナ原生林”もそれで、昭和10年、県指定天然記念物となっている。県内に数少なくなったブナの林として、学術上の価値が高いというのが指定の理由であった。直径1メートル近いブナの巨木、古木が、はるかな頭上で枝をさしかわし、昼なお暗いその樹陰には、数種類の食用茸が族生する。

場所

場所:中津市山国町

カテゴリー

山・食・動物・植物

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ