ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 厳粛な中にもユーモラスなひょうたん祭り
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

厳粛な中にもユーモラスなひょうたん祭り

印刷用ページを表示する 更新日:1976年12月1日更新

1976年12月号 広報おおいた

厳粛な中にもユーモラスなひょうたん祭り

説明

重いわらじをはいたひょうたん様は、ゆっくり、ゆっくりと進みながら御仮所につくまで沿道の参けい者に酒を振舞う。この酒をいただくと無病息災、念願成就といわれている。休憩所で休んでいた一行は神事がすんで神輿が石段を下ってくるとお供に加わる。御仮所に神輿が安置されるつとめを終わる。御仮所の神事のあと流鏑馬の行事が行なわれる。ひょうたん祭りが終われば村は本格的な冬に入るのである。

場所

場所:豊後大野市千歳町

カテゴリー

祭り・食・文化・史跡

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ