ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 静かなたたずまいの三浦梅園邸宅(国指定史跡)
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

静かなたたずまいの三浦梅園邸宅(国指定史跡)

印刷用ページを表示する 更新日:1977年2月1日更新

1977年2月号 広報おおいた

静かなたたずまいの三浦梅園邸宅(国指定史跡)

説明

両子山麓から6キロの富清には、郷土の誇る哲学者、三浦梅園の旧宅がある。梅園の哲学的思想の大系は「梅園三語」といわれ、言語(哲学原理)、贅語(図解説)、敢語(道徳説)により構成されている。これらの稿本256冊と梅園の作った天球儀、顕微鏡及び肖像画など5点は国指定の重要文化財に、また、梅園が自ら設計した入母屋茅葺の住居と梅園の墓は国指定の史跡に指定されている。

場所

場所:国東市安岐町

カテゴリー

食・施設・建物・文化・史跡

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ