ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > ガラス張りのハウスで栽培される「水耕みつば」
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

ガラス張りのハウスで栽培される「水耕みつば」

印刷用ページを表示する 更新日:1977年5月1日更新

1977年5月号 広報おおいた

ガラス張りのハウスで栽培される「水耕みつば」

説明

大分県では昭和52年度から、それまで以上に良質野菜の生産拡大に力を入れ、栽培ハウスの積極的な造成、生産の基礎となる土壌づくり、地域ごとに品目を決めた集団産地の育成など、流通の合理化などで強力な銘柄作りを推し進めた。写真は当時、三戸の農家で共同経営されていた「水耕みつば」。広さ13アールのガラス張りの温室にみずみずしい緑の「みつば」が栽培された。(大分市横尾)

場所

場所:大分市

カテゴリー

食・動物・植物・農業

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ