ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 国民宿舎「直入荘」
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

国民宿舎「直入荘」

印刷用ページを表示する 更新日:1977年5月1日更新

1977年5月号 広報おおいた

国民宿舎「直入荘」

説明

昭和51年4月、総工費3億6千万を投入し完成された国民宿舎「直入荘」は、町はずれの静かな田園を分けて流れる芹川にその優美な白い姿を映していた。春のワラビ、ゼンマイ狩り、秋の初茸狩りと、当時、訪れた観光局も6千人を超えた。当時の収容人員は101人、30の客室、3つの大広間のほか大小の会議室、大浴場、家族風呂なども完備。芹川ダムで釣れるワカサギ料理は、都会から訪れる人びとに大変喜ばれた。

場所

場所:竹田市直入町

カテゴリー

食・施設・建物・商工業

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ