ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > ベニドウダン(ツツジ科)
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

ベニドウダン(ツツジ科)

印刷用ページを表示する 更新日:1977年6月1日更新

1977年6月号 広報おおいた

ベニドウダン(ツツジ科)

説明

火山性山頂帯や岩のごつごつと露出したやせ尾根に生える。厳しい環境に耐え抜いてきた樹姿には、目をみはるものがある。ミヤマキリシマの花が梢いっぱいに咲いて、葉も山肌も隠してしまうのに対し、この花は、輪状にそう生した葉かげに錘形の花冠を下向きにつるして咲く。樹下から見上げる花である。花が終わると、果柄が反転して果実がそれぞれ上向きに変わる。白花のものもあってシロドウダン英名、f.cernuusとされる。(昭和52年6月・九重三俣山で)

場所

場所:九重町

カテゴリー

食・動物・植物

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ