ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > クサボケ(バラ科)
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

クサボケ(バラ科)

印刷用ページを表示する 更新日:1978年4月1日更新

1978年4月号 広報おおいた

クサボケ(バラ科)

説明

草ではなく、落葉の小低木。県内では、九重火山の山々や、そのすそ高原の原野、ササやぶを育成地とする。ふつうには、風当たりが強く日当たりの良い標高1,000メートル以上の高所に生え、一面に敷きつめたように群生することがある。春、歯に先立って赤色の花を枝いっぱいに咲かし、人知れず散って夏草に埋もれてしまう。夏の終わりには、球形の大きな果実をつけ黄熟する。この実は、長者梅と呼ばれ、果酒に用いられる。(昭和53年5月・竹田市久住町の坊ヶツルで)

場所

場所:竹田市久住町

カテゴリー

食・動物・植物

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ