ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 日本のアンデルセン「久留島武彦」を記念する童話碑
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

日本のアンデルセン「久留島武彦」を記念する童話碑

印刷用ページを表示する 更新日:1978年5月1日更新

1978年5月号 広報おおいた

日本のアンデルセン「久留島武彦」を記念する童話碑

説明

見たか聞いたか豊後の森に立ても立てたよどえらい石を二丈五尺の天つき岩よ、と童話音頭にうたわれ、“童話の町”の名を一躍日本全国に広めたのは、この童話碑であった。昭和25年に日本のアンデルセンと慕われた「久留島武彦」の50年にわたる童話活動を記念して建設されたもので、日本童話祭を碑のある三島公園で行なっている。

場所

場所:玖珠町

カテゴリー

祭り・食・文化・史跡

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ