ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > ハマカンゾウ(ユリ科)
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

ハマカンゾウ(ユリ科)

印刷用ページを表示する 更新日:1978年8月1日更新

1978年8月号 広報おおいた

ハマカンゾウ(ユリ科)

説明

日豊海岸の波洗う岩肌や切り立った断崖に群生し、7月下旬から8月の真夏に橙(だいだい)色の美しい花を咲かす。一花序には、10数花のつぼみが寄り合うようにつき、下方のものから次第にふくらんでいって、日ごとに花が開く。日豊海岸には、ハマカンゾウのほか、ハマオモト、サダソウなど、暖かい西南日本の海岸を限って生育する植物が多く、ふるさとの植物相をいっそう豊かにしている。(昭和53年8月・津久見市落浦の海岸で)

場所

場所:津久見市

カテゴリー

食・動物・植物

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ