ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > イイギリ(イイギリ科)
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

イイギリ(イイギリ科)

印刷用ページを表示する 更新日:1978年12月1日更新

1978年12月号 広報おおいた

イイギリ(イイギリ科)

説明

県内の内陸山地の谷間にまれに生える。時には人家に植えつけられていることがある。落葉高木で、樹皮は淡い灰褐色。枝を輪状に広げ、葉身の長さが20センチメートルにも及ぶ大きな卵円形の葉をつける。初冬、球果は紅熟し、集まって果穂をつくり、広がった梢ごとにつるす。陽を受けると、冬の空にひときわ目立つ。イイギリは飯桐。この葉で飯を包んだことによるという。県南地方ではヤマギリと呼ぶ。(昭和53年12月・佐伯市直川赤木の谷間で)

場所

場所:佐伯市直川

カテゴリー

食・動物・植物

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ