ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 消えゆく橋、「小屋川橋」
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

消えゆく橋、「小屋川橋」

印刷用ページを表示する 更新日:1979年4月1日更新

1979年4月号 広報おおいた

消えゆく橋、「小屋川橋」

説明

昔はどこにでも見られた木橋。水量豊かな大分県の河川のそれは切り離せない点景であった。昭和54年、耐用、安全の面からいつの間にかコンクリートの橋が幅を利かせ、数えるほどしかなくなった木橋。まもなくその命を終わらせようとしている各地の木橋を訪ねた。写真は臼杵市との境界付近にある当時の小屋川橋。

場所

場所:臼杵市野津町

カテゴリー

食・文化・史跡・道路・ダム・港

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ