ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > タチバナ(みかんの花)
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

タチバナ(みかんの花)

印刷用ページを表示する 更新日:1979年5月1日更新

1979年5月号 広報おおいた

タチバナ(みかんの花)

説明

かんきつ類の元祖として、古くから津久見地方に野生しているミカン科の常緑小高木の花だが、一般的にはみかんの花をさす。津久見市は伝統のあるみかん産地。市民生活との結びつきが深く、郷土の象徴として親しまれている。(昭和54年7月制定)

場所

場所:津久見市

カテゴリー

食・動物・植物

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ