ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 昭和54年の県立病院 ―鳥潟恒吉(とりがたつねきち)―
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

昭和54年の県立病院 ―鳥潟恒吉(とりがたつねきち)―

印刷用ページを表示する 更新日:1979年7月1日更新

1979年7月号 広報おおいた

昭和54年の県立病院 ―鳥潟恒吉(とりがたつねきち)―

説明

西南戦争が終わって間もない明治13年3月、漢方を廃して洋方をとり入れた近代医学の大分県(立)病院・医学校が設立された。その初代病院長兼医学校長に就任したのが鳥潟恒吉である。安政元年(1854)秋田半の豪族といわれた家に生まれ、25歳で大分県病院・医学校の院長権校長に任ぜられて、その設立に携わった。大正3年63歳で生涯を閉じるまでの40年間、大分県衣料の近代化の中心的役割を果たした功績はまことに大きい。写真は昭和54年の大分県立病院である。(大分市高砂町)

場所

場所:大分市

カテゴリー

動物・植物・施設・建物・文化・史跡

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ