ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 椿
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

椿

印刷用ページを表示する 更新日:1980年2月1日更新

1980年2月号 広報おおいた

椿

説明

その昔、弘法大師が唐から帰朝の途中、暴風雨にあい、真玉の浜に漂着してこの地に滞在、持っていた椿の杖を土にさして立ち去った。後にその杖は芽を吹き大樹となる。里人はその木でお堂を建立し、椿堂と名付けたという。黒土にある「椿の弘法さま」である。以来、この地方に多くの椿が見られるようになり、町民と椿のなじみは深くなったという。

場所

場所:豊後高田市真玉町

カテゴリー

食・動物・植物

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ