ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 伐株山(きりかぶやま(690メートル))
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

伐株山(きりかぶやま(690メートル))

印刷用ページを表示する 更新日:1981年5月1日更新

1981年5月号 広報おおいた

伐株山(きりかぶやま(690メートル))

説明

豊後風土記が玖珠の地名起源として伝えるところによると、昔、この郡に洪樟樹(大きなクスノキ)があったという。その巨樹の切り株がこの山だとされている。玖珠盆地周辺にはメーサ(卓上残丘)の山々が多いが、その典型的なものがこの山。山頂が平らで、かくて玖珠城が構えられ、南北朝に有名な合戦があったことでも知られる。当時は頂上まで車道が通じ、山上に湧き水もあって、玖珠の人たちのハイキング地となった。日本童話祭の会場の一つにもなり、ますます親しまれたという。

場所

場所:玖珠町

カテゴリー

山・街並み

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ