ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 地元の漁船など510隻がパレード
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

地元の漁船など510隻がパレード

印刷用ページを表示する 更新日:1981年10月1日更新

1981年10月号 広報おおいた

地元の漁船など510隻がパレード

説明

大分県民、とくに漁業関係者にとって画期的な行事である第1回全国豊かな海づくり大会(豊魚祭)が、皇太子ご夫妻をお迎えして、昭和56年9月29日、県南佐伯市鶴見で開かれた。この大会は、『とる漁業』から『育てる漁業』への転換を積極的に進めていこうと開かれたもので、全国から約4,000人が参加した。式典では、皇太子ご夫妻ご臨席のもとに、表彰、最優秀作文発表、漁業後継者の誓いの言葉、大会決議などが行われた。式典後は大会の華である放魚行事に移り、皇太子ご夫妻のお召船を中心にマダイ、クルマエビ、シマアジ、ハマチなど114万尾を放流した。

場所

場所:佐伯市鶴見

カテゴリー

食・漁業

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ