ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 鶴見岳(つるみだけ(1,375メートル))
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

鶴見岳(つるみだけ(1,375メートル))

印刷用ページを表示する 更新日:1981年10月1日更新

1981年10月号 広報おおいた

鶴見岳(つるみだけ(1,375メートル))

説明

別府温泉の母体といえる火の山で、内山や伽羅岳などとともに、別府の町を抱くように連なっており、いまなお山頂直下に噴気が見られる、この山の神、火男火売の二柱は延喜式に記された名神。有名な貞観9年の爆発は神の怒りとみなされ、 それをなだめるために神前で大般若経を転読するなど、大騒ぎした記録が残されている。ロープウェイのおかげで、現在は誰でも楽に頂に立てる。別府の町や海の展望と冬の霧氷がいい。

場所

場所:別府市

カテゴリー

山・食

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ