ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 傾山(かたむきやま(1,602メートル))
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

傾山(かたむきやま(1,602メートル))

印刷用ページを表示する 更新日:1981年12月1日更新

1981年12月号 広報おおいた

傾山(かたむきやま(1,602メートル))

説明

祖母山と並んで、山系の一雄であり、大分の山々の中でも、最もすばらしい岩峰、岸壁をもつ山といってよい。その岩が切り立っているため、山そのものが傾いているように見える。ここから山名が出た。かつては、奥岳川源流の山手本谷から岸壁直下にかけて見事な原生林におおわれていたが、当時、伐採が進んで、見る影もなくなった。しかし、夏と冬はクライマーのメッカとなり、春はアケボノツツジの紅、秋は岩峰に燃える夕日の茜(あかね)色が、多くの人をひきつけるようになった。

場所

場所:竹田市

カテゴリー

山・食

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ