ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > カワウ(ウ科) 留鳥 
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

カワウ(ウ科) 留鳥 

印刷用ページを表示する 更新日:1982年4月1日更新

1982年4月号 広報おおいた

カワウ(ウ科) 留鳥 

説明

全長82cm、翼開長130cm。くちばしの周囲には、羽毛がなく、黄色の皮ふが裸出していて、その周囲に幅の広い白帯がある。羽色は背面と肩の部分が黒褐色、他の部分は黒縁色で全身に光沢がある。あしは短く黒色で、水かきが発達している。鳴き声はグルルーン、あるいはウルルーンとうなるような声を出したり、グワァーとも鳴く。当時、県内では、佐伯市米水津の沖黒島に焼く100羽生息していたが、本州中部以南の繁殖地はここだけであり、貴重な存在。

場所

場所:佐伯市米水津

カテゴリー

食・動物・植物

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ