ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 行徳家住宅 -国重要文化財・日田市-
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

行徳家住宅 -国重要文化財・日田市-

印刷用ページを表示する 更新日:1983年4月1日更新

1983年4月号 広報おおいた

行徳家住宅 -国重要文化財・日田市-

説明

当時、行徳家は三方を小高い山に囲まれ、山懐に抱かれるように南面して立っていた。西側は見事な庭園である。紅梅、白梅が満開であった。母屋は寄棟造りで杉皮茸。玄関部分は入母屋で瓦茸である。大分県西部に分布する曲屋(まがりや)形式の屋根と、土間を広く取った大庄屋階級の家屋様式が特徴。床面積254平方メートルの堂々たる構えで、一部は2階建てになっていた。建築年代は、玄関にある護摩札に文化元年(1804年)とあることから、文化年間より少し前の建築と推定された。

場所

場所:日田市

カテゴリー

食・施設・建物・文化・史跡

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ