ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 相良家住宅 -中津市耶馬溪町-
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

相良家住宅 -中津市耶馬溪町-

印刷用ページを表示する 更新日:1983年7月1日更新

1983年7月号 広報おおいた

相良家住宅 -中津市耶馬溪町-

説明

相良家は、18世紀末(江戸中期)に建てられた住宅であった。その昔は大庄屋であり、また造り酒屋でもある。地元では「貞屋」の屋号で呼ばれていた。寄棟造りで広い土間は、当時の重厚なつくりをしのばせた。明治10年の百姓一揆は、この地方をも席巻し、相良家にも及んだ。今も柱や鴨居に鉈や斧の切り跡が残り、庭の灯籠がしずかに当時を語っていた。

場所

場所:中津市耶馬溪町

カテゴリー

食・施設・建物・文化・史跡

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ