ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 中山別荘 -別府市-
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

中山別荘 -別府市-

印刷用ページを表示する 更新日:1983年10月1日更新

1983年10月号 広報おおいた

中山別荘 -別府市-

説明

和田別荘は、後に皇后陛下となられる久邇宮良子女王殿下が、ご両親とともに九州ご旅行をされたときその宿舎に当てられ、遠藤豊治技師(富士紡創立・中津市出身)はこの建物すべての保全と管理の大役を任された。居間も当時の見事な調度品がそのままに残されているという。その後、関西工業(株)の手に渡り中山別荘と名が変わったが、今でも大事に保存され、明治・対象を通じた九州有数の洋風建築物として、貴重な存在となっている。

場所

場所:別府市

カテゴリー

食・文化・史跡

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ