ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 石仏火まつり -臼杵市-
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

石仏火まつり -臼杵市-

印刷用ページを表示する 更新日:1990年8月1日更新

1990年8月号 広報おおいた

石仏火まつり -臼杵市-

説明

臼杵石仏がある深田の里で、毎年旧暦7月24日に行なわれる大規模な火祭り。石仏供養と豊作祈願の虫追いをかねた行事で、約1000年の伝統を持つ。満月寺で供養の読経が始まり、石仏一帯の参道やあぜ道に約5メートルおきにたてられた1000本の松明(たいまつ)にいっせいに火がともされる。深田の里一面火の海になり、60余体の端麗な磨崖仏が暗夜にくっきりと浮かぶとムードも最高潮。訪れた観光客を幽玄の世界へ誘う。満月寺の境内では、臼杵踊りも奉納され、松明(たいまつ)の火が消えるまで続けられる。

場所

場所:臼杵市

カテゴリー

海・食

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ