ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > カボス(香母酢)生産量3,568トン
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

カボス(香母酢)生産量3,568トン

印刷用ページを表示する 更新日:1991年9月1日更新

1991年9月号 広報おおいた

カボス(香母酢)生産量3,568トン

説明

当時、一村一品の代表格カボスは、他の香酸柑橘類にはみられない豊かで爽やかな風味とまろやかな酸味と香りが特徴。その新鮮さと天然の風味が、郷土料理はもちろん、あらゆる料理にマッチし味と香りを引き立てる。また、ビタミンCを多く含んでいることから自然食品として注目された。県内各地で産地化がすすめられた結果、生産量は3,568トン(平成元年)で日本一となった。

場所

臼杵市

カテゴリー

農業

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ