ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 文殊仙寺(もんじゅせんじ) -国東町-
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

文殊仙寺(もんじゅせんじ) -国東町-

印刷用ページを表示する 更新日:1991年11月1日更新

1991年11月号 広報おおいた

文殊仙寺(もんじゅせんじ) -国東町-

説明

標高614メートルの文殊山中腹、奇峰と巨木にかこまれた堂宇が散在する。本尊は文殊菩薩。伊勢の朝熊、丹後の宮津とともに日本三文殊のひとつ。智恵の文殊として有名。国東半島独特の、六郷満山末山本寺として栄えた。石仏や仁王像をみながらの散策や、飲むと頭がよくなるといわれている奥の院の智恵の水など、子供の成長と開運を願う人でにぎわう。

場所

国東市国東町

カテゴリー

文化・史跡

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ