ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 朝倉文夫記念館
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

朝倉文夫記念館

印刷用ページを表示する 更新日:1991年11月1日更新

1991年11月号 広報おおいた

朝倉文夫記念館

説明

「東洋のロダン」「彫聖」とよばれる朝倉文夫は、出身地、豊後大野市朝地町の自然をこよなく愛し、昭和36年には、芸術作品を観賞する壮大な公園(愛の園生)の建設計画を立てた。その後、朝倉文夫の死去により中断されていたこの計画を町が受け継ぎ『やすらぎと芸術の里づくり』のシンボル施設として「朝倉文夫記念公園」が建設された。

場所

豊後大野市朝地町

カテゴリー

施設・建物

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ