ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 大友宗麟の墓 -津久見市-
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

大友宗麟の墓 -津久見市-

印刷用ページを表示する 更新日:1992年3月1日更新

1992年3月 NEO OITA 4号

大友宗麟の墓 -津久見市-

説明

宗麟は、享禄3年(1530)府内(大分市)の大友館で生まれた。父義鑑の横死の後を受けて天文19年(1550)弱冠21歳で、戦国時代の真っ只中に大友21代の城主となり、豊前豊後、筑前筑後、肥前肥後の六カ国を領し、勢威九州を圧する大友氏の黄金時代を築いた。写真は終焉の地・津久見市にある宗麟の墓。

場所

津久見市

カテゴリー

文化・史跡

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ