ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 三国峠(みくにとうげ)
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

三国峠(みくにとうげ)

印刷用ページを表示する 更新日:1992年11月1日更新

1992年11月号 広報おおいた

三国峠(みくにとうげ)

説明

岡藩・佐伯藩・臼杵藩の三藩の協会に位置する三国峠は、西南戦争の激戦地であった。峠を外れると、明治10年6月17日臼杵軍川辺常松らの突入により薩摩軍の兵12名全員が死亡した西南戦争の陣地跡がある。「兵あまた いのちすてたる この丘は いま秋草の 花に うもるる」と刻まれた歌碑が道路沿いに建てられている。

場所

豊後大野市三重町

カテゴリー

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ