ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 遊歩公園/伊藤マンショ像
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

遊歩公園/伊藤マンショ像

印刷用ページを表示する 更新日:1993年1月1日更新

1993年1月号 広報おおいた

遊歩公園/伊藤マンショ像

説明

大分市の府内城跡から南へ450m続く遊歩公園。ここは、南蛮文化が栄えた当時の〝府内〟が感じられる銅像が数多く立ち並んでいます。歴史から学ぶ新しい文化を感じながら、あなたも歩いてみませんか。伊藤マンショ像、天正10年(1582)大友宗麟により少年使節団としてヨーロッパに派遣された

場所

場所:大分市

カテゴリー

食・街並み・文化・史跡

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ