ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > おおいたカボス大研究
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

おおいたカボス大研究

印刷用ページを表示する 更新日:1993年7月1日更新

1993年7月号 広報おおいた

おおいたカボス大研究

説明

大分一村一品の代表格カボス。当時、なんと全国の98パーセントが大分県で生産されていた。カボスは大分県の一部地域に古くから分布している香酸柑橘の一種で、食用酢や薬用として、農家の庭先に1~2本ずつ植えられていたが、昭和36年頃から地域振興果樹として特定地域を中心に産地化が行われるようになった。

場所

大分市

カテゴリー

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ