ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 大野川の石橋たち/虹澗橋
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

大野川の石橋たち/虹澗橋

印刷用ページを表示する 更新日:1993年11月1日更新

1993年11月 NEO OITA 10号

大野川の石橋たち/虹澗橋

説明

大野川流域の奥豊後一帯は石橋の宝庫である。現存する県内の505基というアーチ式石橋(歩道橋と水路橋とを合算)のうち、大野川水系では約40パーセント、200基を数えるのである。<虹澗橋>大分県内の石橋を代表するものといえば、文政7年(1824年)にかけられたこの橋を挙げるべきであろう。豊後大野市三重町と臼杵市野津町の境を流れる三重川の深い谷を徒歩することに悩まされた農民の苦しみを見て、三重と臼杵の豪商三人が私財をなげうって架けたことが碑文「虹澗橋記」や、この地方の盆踊りの口説きにも残るような事跡を秘めて、静かに佇んでいる。橋の長さ21メートル、拱矢11.2メートル、単一アーチの大きな橋である。

場所

豊後大野市三重町

カテゴリー

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ