ページの先頭です。
トップページ > おおいたデジタルアーカイブ > 資源創造型栽培漁業への挑戦/シマアジ
キーワード検索
地域別検索
年代別検索
カテゴリ別検索

資源創造型栽培漁業への挑戦/シマアジ

印刷用ページを表示する 更新日:1994年3月1日更新

1994年3月 NEO OITA 12号

資源創造型栽培漁業への挑戦/シマアジ

説明

当時、大分県では恵まれた海域環境を利用して、つくり、育て、管理する未来型の漁業を推進していたが、そのシンクタンクが旧上浦町にある県水産試験場であった。そこでは、昭和56年から養殖ではなく、魚を自然の海域で育成する「海洋牧場」の実証・実験に取り組み、マダイの音響馴致に成功した。そして平成6年、水産試験場がこのマダイに続く第二の魚種として研究を進めているのが高級魚のシマアジであった。

場所

佐伯市上浦

カテゴリー

漁業

ダウンロード

この画像を保存したい場合は、上記の「保存用画像はこちら」ボタンををクリックしてください。1MB程度の画像が別ウィンドウで表示されます。開いた画像の上で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択してください。

前のページに戻る このページの先頭へ